2017年08月01日

マーシャル諸島

皆さんこんにちは。


ミズノマリン東京サービスセンターの秋保です。


早速ですが、マーシャル諸島共和国のマジュロ島というところへ

JIANGSU JIAOYAN製ライフボートのエンジン始動不良の修理へ行ってきました。


マジュロ島までは、飛行機の移動で1日半ほどかかりました。

人生で海外へ行くのが2度目の私にとっては、移動・食事・宿泊などすべてが戸惑いの連続でした。


ただ、戸惑っている間にも時間は進み、

マジュロ島沖に泊まっている本船へ到着し、早速作業開始です。


エンジン始動不良の症状としては、セルモーターが全く動いておらず、エンジンの

クランキングもしないという症状でした。

エンジンはYANMAR製の3JH30Aという型式のエンジンです。



RIMG0131.JPG



まずは、セルモーターへ電気がきているかを確認しました。


セルモーターへ電気は正常にきている事を確認し、次にセルモーター本体の点検を


する為にエンジンからセルモーターを取外しました。



RIMG0158.JPG



 こちらが取り外したセルモーターです。


表面に塩の結晶がついており、端子部には発錆が確認できます。


取り外したセルモーターが正常に作動するか調べる為にセルモーターへ直接電気を流し作動するかテストを実施しました。



結果は・・・


何にも反応しません・・・


分解してみた所・・・



RIMG0179.JPG


  

内部はこのように錆で浸食していました。


この錆により、内部のギア固着しており作動しない状態でした。



日本から持ってきたセルモーターに交換して無事エンジンは始動しました。


エンジン・マリンギアの状態から海水の多量浸水が発錆の原因と思われます。


ライフボートは人命を守る為に備えられています。


いざという時に正常に機能しないようであれば意味がありません。


弊社では、ライフボート・ライフボートダビット等の点検整備事業を実施しております。


安心安全の為にも、救命艇の点検・検査・整備などございましたら是非ご用命の程、宜しくお願い致します。



最後に・・・


マーシャル諸島はダイビングが有名みたいで海がとても綺麗でした。


街並みも素敵でした。


マーシャル.jpg



まーーー.jpg









posted by mizunomarine_lifeboats at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。