2014年06月18日

ライフボート燃料タンク修理

こんにちは。大阪スタッフの佐神です。

今回は、SSK(佐世保造船所)にてライフボートの燃料タンク修理に行って参りました。
IMGP8214.JPG

実際にライフボート内に入ると軽油の匂いが充満しており気分が悪くなる程でした。。。

ライフボートの燃料タンクは座席下にある為、まずは構造物の分解から始めます。

IMGP8221.JPG

背もたれを分解し、やっとタンクが取り外せます。


IMGP8233.JPG

IMGP8239.JPG

タンクを外してみると、タンク内が負圧になるのを防ぐブリーザーホースのニップルが割れてしまっている状態でした。また、ニップルの取り付け面も悪く、恐らくここからも燃料が漏れていたのでしょう。そしてビルジには大量の軽油が溜まっていました。


IMGP2217.JPG

IMGP2183.JPG

タンクの下にもドレンプラグが取り付けてありましたが、本船側が「使用しないので塞いで欲しい」との要望がありましたので、FRPを積層して塞ぎます。


IMGP8256.JPG

IMGP8262.JPG

IMGP2201.JPG

タンク取り付けのリベット穴は再使用が難しかったので、リベット穴も積層して塞ぎます。


IMGP2210.JPG


IMGP2216.JPG



ニップルを交換して再度取り付けたら、漏れを確認する為の圧力検査。


IMGP2220.JPG




無事に漏れは無くなり、タンクを復旧していきます。


タンクを復旧したら給油し、再度漏れの確認を行います。

IMGP2232.JPG



漏れは無くなり、ライフボート内も以前の様な軽油の匂いもなく良好となりました。


ミズノマリンはライフボート検査からFRP修理まで行っております。

ライフボートは些細なFRPクラックでもPSCに指摘されたら出航できなくなってしまいますが、そんな時はミズノマリンにご連絡頂ければ日本全国どこでも出張修理させて頂きます!ぜひ、宜しくお願い致します。


過去にも様々なFRP修理を施工してきておりますが、また次回ご紹介させて頂きます。




posted by mizunomarine_lifeboats at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。