2018年06月08日

MIZUNO MARINE ACQUIRED ADDITIONAL OEM AUTHORIZATION

lsa_1.png lsa_2.png


MIZUNO MARINE ACQUIRED ADDITIONAL OEM AUTHORIZATION

FOR LIFEBOATS,RESCUE BOATS AND LAUNCHING APPLIANCES. FROM


GERMANY MANUFACTURE.


To our customers and our stake holders, To meet the growing demand on improving the safety of life at sea for ships personnel, meeting the IMO regulation:Marine Circular 1206 and Marine Circular 1277, Mizuno Marine Co Ltd feel committed and investing on training their personnel.


We are happy and proud to announce that this time Mizuno Marine personnel, successively completed and pass and awarded the Manufactures Authorization, which is The Authorization From lifeboat ,Rescue Boat and Launching Appliance Manufacture ,Hatecke Service . Mizuno Marine also acquired the authorization from Global Davit,Launching Appliance Manufacture . Both OEM manufactures are from Germany.


The duration for each training cause was one week from 0800 to 1700hrs. Theory training ,hands on training and the test . The simulation for the accidents on various type of vessel were introduce, then risk management practice was in the training. The training objectives were well arranged prepared to make sure that a service engineer take home a full knowledge and ready to be at field to provide a full benefit to the customer.

Finally, time for recreation was there; time for German Beer it was fantastic!!




This authorizations will maximize and expand our know how on safety equipments and increase our coverage on LSA service in Japan to assure safety of life ( crew ) on board vessel .


Printed on 2018 June

続きを読む
posted by mizunomarine_lifeboats at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

利根川総合水防講習に津波シェルターを展示しました!

利根川総合水防演習に津波シェルターを展示しました!

blog_1.JPG

 津波シェルター 「タスカル8+F」

blog_2.JPG

 見に来てくれた子供たち


ミズノマリン東京サービスセンターの岡田です。

国土交通省関東地方整備局殿よりご依頼いただき、ミズノマリンの津波シェルターを

67回利根川水系連合・総合訓練に出展しました。 

上記の2枚の写真が弊社で展示した津波シェルターです。

全長2.5mというコンパクトサイズながら8名乗りで、耐用年数30年以上でフェンダーに関しては、FRPと発砲ウレタンによる2重構造の最強ボディーです。

地震発生から津波到達までの時間が短いと予想されるエリアや、近くに高台が無い避難困難地域の人々を守る救命シェルターです。

津波ハザードマップの警戒エリアで活動されている方々の命を守る1次避難設備として

設置する企業、団体が増えつつあります。


総合水防演習会場内の様子

blog_3.JPG

 会場入り口

blog_4.JPG

 入口看板

blog_5.JPG

 会場案内図

blog_6.JPG

 消防団による講習

blog_7.JPG

 団結した消防団の方々

blog_8.JPG

 ずらっと並んだ消防団


この演習で感じたのが、災害などないのが1番良いのですが、一定の期間ごとに100%発生します。

我々人間では地震などの大自然の力にはあまりに無力ですが、災害を予測して対策することが出来ます。

積極的にどのように対策するのかを考え、普段から訓練しておくことが大切と痛感しました。

10,000人を超えるご来場者の皆様、ありがとうございました。


下記速報版です

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000702085.pdf



続きを読む
posted by mizunomarine_lifeboats at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

マーシャル諸島

皆さんこんにちは。


ミズノマリン東京サービスセンターの秋保です。


早速ですが、マーシャル諸島共和国のマジュロ島というところへ

JIANGSU JIAOYAN製ライフボートのエンジン始動不良の修理へ行ってきました。


マジュロ島までは、飛行機の移動で1日半ほどかかりました。

人生で海外へ行くのが2度目の私にとっては、移動・食事・宿泊などすべてが戸惑いの連続でした。


ただ、戸惑っている間にも時間は進み、

マジュロ島沖に泊まっている本船へ到着し、早速作業開始です。


エンジン始動不良の症状としては、セルモーターが全く動いておらず、エンジンの

クランキングもしないという症状でした。

エンジンはYANMAR製の3JH30Aという型式のエンジンです。



RIMG0131.JPG



まずは、セルモーターへ電気がきているかを確認しました。


セルモーターへ電気は正常にきている事を確認し、次にセルモーター本体の点検を


する為にエンジンからセルモーターを取外しました。



RIMG0158.JPG



 こちらが取り外したセルモーターです。


表面に塩の結晶がついており、端子部には発錆が確認できます。


取り外したセルモーターが正常に作動するか調べる為にセルモーターへ直接電気を流し作動するかテストを実施しました。



結果は・・・


何にも反応しません・・・


分解してみた所・・・



RIMG0179.JPG


  

内部はこのように錆で浸食していました。


この錆により、内部のギア固着しており作動しない状態でした。



日本から持ってきたセルモーターに交換して無事エンジンは始動しました。


エンジン・マリンギアの状態から海水の多量浸水が発錆の原因と思われます。


ライフボートは人命を守る為に備えられています。


いざという時に正常に機能しないようであれば意味がありません。


弊社では、ライフボート・ライフボートダビット等の点検整備事業を実施しております。


安心安全の為にも、救命艇の点検・検査・整備などございましたら是非ご用命の程、宜しくお願い致します。



最後に・・・


マーシャル諸島はダイビングが有名みたいで海がとても綺麗でした。


街並みも素敵でした。


マーシャル.jpg



まーーー.jpg







posted by mizunomarine_lifeboats at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする