2014年07月30日

SOLAS条約付属書第V章及び国際救命設備コード改正 MSC.1/Circ.1392、MSC.317(89)、MSC.320(89)

井本です、2014年7月1日より新ルールが発行されましたので、私の解釈で把握している限りを説明します。
下記、説明は参考としてお考え下さい。正式には各船級殿、旗国の指示を仰いでください。

SOLAS条約付属書第V章及び国際救命設備コード改正 MSC.1/Circ.1392、MSC.317(89)、MSC.320(89)について、
ClassNKテクニカルインフォメーションTec-966から参照添付で説明します。
この改正は2014年7月1日から2019年7月1日までの最初の入渠で適合しなければなりません。
tec966ケース1.jpgケース2.jpgケース3.jpg

ケース1SOLASV章1.5規則、MSC.317(89)に適合している場合
(GISIS:Evaluation of Hooks,IMO離脱回収装置評価リストで確認してください。)は、
MSC.1/Circ.1392に記載された“one time follow up overhaul examination”のとおり、
MSC.1/Circ.1206/Rev.1に従いLRRS(救命艇離脱回収装置Lifeboat Release and Retrieval System)を点検。

適合の場合は、通常の定期検査(5年次検査)のように LRRSをメーカーまたは整備業者がオーバーホールし、
1.1倍の荷重試験を行いメーカー声明書を発行(ドキュメント1)。

当該LRRS型式の政府評価結果に対する旗国の確認レターの写し(ドキュメント2)
これはMSC.1/Circ.1392に記載が無く、メーカーも理解できなくて、他国籍他船級でも必要ではないようです。
しかし、要求が盛り込まれていますので、確認をすすめ、最新情報が入りましたら更新いたします。
この件、日本船籍は特別で、必ず確認レターの写しが必要になります、
日本が評価した物件(救命艇のつり索の離脱装置適合性評価済物件一覧表)はニシエフ殿・信貴造船所殿・JMU殿・豊永船舶殿・
ツネイシクラフト&ファシリティーズ殿・JIANGSU JIAOYAN殿の計6社22Typeのみでしか確認レターの写しは発行されません。
よって、これ以外は全て評価していないので、つり索の離脱装置を換装(ケース3)しなければなりません。

ケース2 改造後SOLASV章1.5規則、MSC.317(89)に適合しする場合
ケース1に追加で、適合評価を受けたつり索の離脱装置の改造を、メーカーまたは整備業者が行います。
後は同じで1.1倍の荷重試験を行いメーカー声明書を発行(ドキュメント1)。
必要であれば、当該LRRS型式の政府評価結果に対する旗国の確認レターの写し(ドキュメント2)提出。

ケース3 LSAコードMSC.320(89)改正に適合したLRRSへ交換する場合
適合LRRSをメーカーまたは整備業者が換装し、1.1倍の荷重試験を行いメーカー声明書を発行(ドキュメント1)。
また、救命艇兼救助艇は5ノット進水試験が必須となります。船級立会い試験。 
必要であれば、MSC.1/Circ.1392 APPENDIX 4様式のメーカー発行報告書の提出。

以上、国際ルール+日本ルールが混在し、解釈が難しいですが、海上・船員の安全を守るため、遵守しなければなりません。

記入している私自身、これは本当!?・・・な文面もあります、もし、間違いやご指摘・アドバイス等がありましたら、
すぐに訂正いたしますので06−6863−5233 ミズノマリン井本へお願いいたします。
posted by mizunomarine_lifeboats at 19:30| Comment(0) | SOLAS条約・LSAコード改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

ライフボート燃料タンク修理

こんにちは。大阪スタッフの佐神です。

今回は、SSK(佐世保造船所)にてライフボートの燃料タンク修理に行って参りました。
IMGP8214.JPG

実際にライフボート内に入ると軽油の匂いが充満しており気分が悪くなる程でした。。。

ライフボートの燃料タンクは座席下にある為、まずは構造物の分解から始めます。

IMGP8221.JPG

背もたれを分解し、やっとタンクが取り外せます。


IMGP8233.JPG

IMGP8239.JPG

タンクを外してみると、タンク内が負圧になるのを防ぐブリーザーホースのニップルが割れてしまっている状態でした。また、ニップルの取り付け面も悪く、恐らくここからも燃料が漏れていたのでしょう。そしてビルジには大量の軽油が溜まっていました。


IMGP2217.JPG

IMGP2183.JPG

タンクの下にもドレンプラグが取り付けてありましたが、本船側が「使用しないので塞いで欲しい」との要望がありましたので、FRPを積層して塞ぎます。


IMGP8256.JPG

IMGP8262.JPG

IMGP2201.JPG

タンク取り付けのリベット穴は再使用が難しかったので、リベット穴も積層して塞ぎます。


IMGP2210.JPG


IMGP2216.JPG



ニップルを交換して再度取り付けたら、漏れを確認する為の圧力検査。


IMGP2220.JPG




無事に漏れは無くなり、タンクを復旧していきます。


タンクを復旧したら給油し、再度漏れの確認を行います。

IMGP2232.JPG



漏れは無くなり、ライフボート内も以前の様な軽油の匂いもなく良好となりました。


ミズノマリンはライフボート検査からFRP修理まで行っております。

ライフボートは些細なFRPクラックでもPSCに指摘されたら出航できなくなってしまいますが、そんな時はミズノマリンにご連絡頂ければ日本全国どこでも出張修理させて頂きます!ぜひ、宜しくお願い致します。


過去にも様々なFRP修理を施工してきておりますが、また次回ご紹介させて頂きます。




posted by mizunomarine_lifeboats at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部ライフガードTEC2014&シェルター試乗会

こんにちは。シェルター担当の佐神です。

弊社では、三年前に発生した東日本大震災を受けて、津波避難用救命艇シェルターを開発致しました。いつ発生するか予測できない地震、津波。また近いうちに発生すると推測されている南海トラフ巨大地震。愛知県での独自の調査によると、国の想定では考慮していなかった、海岸や河川の堤防沈下の影響を新たに盛り込んだ結果、浸水による最大死者数は二万九千人にのぼると言われています。

この被害を少しでも減らしたい。一人でも多くの命を助けたい。震災発生から津波到達までの限られた時間内にいかに大切な人命を守るか。

そんな弊社の熱意を形にしたものが、この津波避難用救命艇シェルターです。

IMGP5348.JPG



最近では多種多様な津波シェルターが世に出ていますが一般的な津波シェルターは浮いて津波をやり過ごすだけで沖に流される恐れがありますが、弊社の救命艇シェルターはエンジンを搭載する事で自力航行が可能です。簡単な操作で約10時間、距離にして100キロの自力航行ができます。

先日、なごやポートメッセで開催された防災・減災をテーマにした「中部ライフガードTEC」にも出展し、多くのTV局の取材や新聞にも紹介して頂きました。

IMGP8034.JPG

IMGP2136.JPG



また、昨日には愛知県常滑市にある「NTPマリーナりんくう」にて試乗会も開催致しました。実際に試乗して頂いたお客様からは「思ったよりもスピードがあり安定していた。」

「操縦が簡単でよかった」「小回りがきいていた」など、多くの好評意見を頂き試乗会を終える事ができました。

IMGP8102.JPG

IMGP8105.JPG


今回の試乗会にはNTPマリーナ濱田店長、マリーナスタッフ全員のご協力のもと実現し成功する事ができました。シェルター搬入時は営業時間外にも関わらず手伝って頂き、また当日は猛暑の中にも関わらずキビキビと作業をされているスタッフに負けじと私たちも営業活動を頑張れる事ができました。ご協力して頂き誠にありがとうございました。

IMGP8059.JPG

IMGP8093.JPG




そして試乗会を開催した61日は、アイアンマン・JAPANが開催されていました。

アイアンマンとはトライアスロンの大きな大会でして、なんと参加者は1.500人もの方々が参加されていた様です。のスイム1.9キロ・バイク90.1キロ・ラン21.1キロを一人で走りぬくといった想像できない過酷なレースなのですが、みなさま次々にフィニッシュされていました。


IMGP8138.JPG



今回の試乗会に参加して頂いた方々は、皆様ご家庭での南海トラフ巨大地震に対しての


「もしもの備え」をされている方がほとんどであり、家族で避難場所の確認や、非常用食料・非常用飲料水の確保など様々な「もしもの備え」を実践されている。愛知県の方たちは非常に防災意識が高い印象を受けた。もちろん、各家庭だけではない。ハザードマップエリアに位置する事業所や企業様も、大事な社員を守る為に是非とも検討したい、とのお声も多数頂いております。


人口過密エリアやアクセスを橋梁に頼る埋立地エリア、また理論的に津波到達時間が短時間とされるエリアにおいて災害が発生した場合、安全な避難ルートを確保する事は困難とされる地域が無数にある。津波からの避難に完全な方法は何もない。ただ出来る限りの対策として、津波避難用救命艇シェルターの設置は有効な方法ではないでしょうか。


IMGP8153.JPG

posted by mizunomarine_lifeboats at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする