2012年12月27日

FIVE YEARS SERVICE AT PORT OF MITSUKOJIMA PORT


A safe service trip to the safe 5 yrs  lifeboat davit and winch at the Mitsukojima port . Eddy show the following !!1.JPG

It was nice weather with breeze cold  wind   at Kure  Ferry boat stn .We off loaded our gear including the water bags,  load them on the ferry boat which took 25 min to the small island port of Mitsukojima and board the ship.

3.JPG

By using Ships provisional crane all of our gears lifted  up safely  to the ship deck ready for the inspection.

2.JPG

This is a ship that waiting for Mizuno Marine to conduct the 5 years inspection including the 1.1 xswl load Test.

4.JPG

The Japanese Manufacture type of winch Davit Typ  BDW 6000  -Manabe Zoki was our scope for the service.
Thanks the Flag State  who approve Mizuno Marine to conduct the service ,and Class NK to witness the service and the test .

5.JPG   

Profetional inspection on  the gear box ,the oil and gear.  No problem was found .
 .
6.JPG

Profetionaly inspect the bearings and seals. Every seal retaining ring ,bearing was in good condition.

7.JPG

Carefully service and inspect the holding brakes and gorvernor brakes, the linning found stiil ok !!

8.JPG

Carefuly inspect the brake housing,then service it. The housing found with rust and carbon !!!

10.JPG

carefuly inspect and confirm the strenth for the bolts that hold the brake lining. The bolts found loose then tighten
.
11.JPG

After the completion of the service ,time to prepare the water bags which will be filled with water while  inside the lifeboats.

12.JPG

For the safety, a good arrangement for the bags inside the lifeboats ( weight distribution),give a pafect test and save the lifeboat to be dameged .

14.JPG

The lifeboat is ready for testing ,loaded with Ten full of 300KG  WATER BAGS . Here the lifeboat is too heavy .
 
15.JPG

16.JPG

Because most of the winches are not disigned to hoist up such weight ,The water in the water bags have to be pumped out before recover the lifeboat ,The portable  air driven  pump was also a part of working gear .

17.JPG

And that was a beautiful  final Test, the Dynamick brake test  was the first and the second the Engineers who came for the lifeboat from Nishi F  drop the boat after releasing the hooks Excelent finish
.
18.JPG

It is good to rimind the cotstumer and promote the service company by putting the sticker stating when the next service will be due . Also the Sicker  shows how many diferents of LSA  brand Mizuno Marine can provide a good service
 .
19.JPG

Time to go Home,Service Engineers,Class Nk  watching our working gear getting off loaded  from the ship .

The Five Year Inspection and Testing was conducted at Mitsukojima Port ,The Service Took only Two days , No Injuries ,no dameged .  Thank you, Eddy------Follow me
 
posted by mizunomarine_lifeboats at 13:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

フリーフォールライフボート、レスキューボートの年次検査

こんにちは、山岡です。今回は、JIANGYIN WOLONG社製のフリーフォール、レスキューボートの年次検査に行きました。
IMGP4465.JPG

ダビット(JY-FH55)の振出しテストを実施いたしましたが、問題無く良好です。

すごく天気が良いので、きれいな写真が撮れました。
IMGP2404.JPG

ボートでは(JY59CF)、リフティングストラップを使用して、Hookの荷重を抜いてから、

リリースしました。

作動状態も良く、「離脱よし!」
IMGP4489.JPG
ヤンマー3JHエンジンも問題無く良好でした。さすが日本製です。
IMGP4510.JPG

さて次は、レスキューボートダビットです。(JY-SAF23

ちなみにレスキューボートはもう検査終了済みです。画像が無くてすいません。
IMGP4520.JPG

ここまでは順調でしたが、レスキューボートダビットのブレーキハウジングを開放すると、

錆がありました。「たまにあるんですよね。」
IMGP4535.JPG

きれいに清掃し、組み付けました。もちろんブレーキテストも問題無く良好でした。

全体的に状態が良く、クルーの方も手際が良く、スムーズに検査が進んだ1日でした。
posted by mizunomarine_lifeboats at 18:42| Comment(1) | Lifeboats&Davitの検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

ERNST HATECKE搭載NANNI DIESELエンジン修理

こんにちは、酒井です。手(チョキ)
コピー 〜 写真2.JPG

ERNST HATECKE Lifeboat 搭載 NANNI DIESEL の
エンジン始動不能緊急修繕工事に行ってきました。

ナンニ エンジンはフランス産で、日本ではあまりなじみの無いエンジンですが、
ヨーロッパではマリンエンジンとして有名な様です。
写真1.JPG

ボートはフリーフォールタイプで、ディズニーランドのスプラッシュマウウンテン
をイメージして頂くと判りやすいかも・・・(海面に突き刺さる感じで滑り落ち脱出)。

その為、作業は斜めになったボート内になり、作業は困難でした(汗)。

写真3(セルモーター交換).JPG

限られた時間の中、初日はトラブルシュートを行い、原因を突き止めました。
@セルモーター不良。
Aエンジンワイヤーハーネス不良。
B燃料噴射ポンプ不良。
※当初は燃料が噴射しないという依頼であったが、
いろいろと不具合箇所が重複しておりました。

写真3(燃料噴射ポンプ交換).JPG

後日、不良部品を交換しスムーズな作業で無事完工しました!
救命艇は特に時間が限られているため、トラブルシュートを正しく迅速に
しなければなりません。今回はOKだったと思います。少し胃が痛いですが・・・(笑)

写真4.JPG

最後に船員さんと記念撮影。(船員さん、多方面に聞いて原因が
判らないと言われ、困っていたので大喜びでした。)わーい(嬉しい顔)

posted by mizunomarine_lifeboats at 18:42| Comment(0) | Lifeboat Engine 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする