2013年08月13日

救命艇シェルター 第一回代理店様向け説明会

IMGP5526.JPG
始めまして、救命艇シェルターです。

2013年8月6日(火)代理店様向け説明会を開催させていただきました。
IMGP5531.JPG
当日は遠方にも関わらず、高知・神奈川・三重から参加していただきました。

暑い中、シェルター実艇内部の操作説明や設置説明など熱心に
聴いていただきました。ありがとうございました。
IMGP5529.JPG
東日本大震災以降、津波、浸水、高潮のハザードマップエリアに
位置する事業所、施設の危機管理に対する対応が急務となりました。
震災発生から津波到達までの限られた時間内に[いかにして大切な人命
を守るか]がシェルターの開発コンセプトです。

この、写真はLBS25Eでエンジンが付いており、沖に流されても
自力航行が可能で、ひっくり返っても元に戻り、ぶつかって穴が開いて
水が入っても沈まない構造になっております。

ご興味があればどうぞお気軽にご連絡ください。
担当の井本でした。ありがとうございました。


posted by mizunomarine_lifeboats at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

レスキューボート(高速救助艇)

こんにちは、山岡です。

今回は、レスキューボート(JIANGYIN XINJIANG社製高速救助艇)のエンジン(船外機)がアイドリング不安定だと言うことで、点検整備へ行ってきました。

IMG1.jpg

現象確認を実施したところ、確かにアイドリングが安定せず、エンジンが自然にストップすることも確認できました。まずは可能性の高い燃料系統を点検いたしました。
燃料フィルターから、ん・・・・・

IMG2.jpg

すると燃料フィルターへ接続されていた、燃料ホースの内側の被服が損傷しておりました。

フィルター内も被服と思われるゴミが多量にでてきました。

IMG3.jpg


燃料ポンプ内も点検したところ、こちらにも多量のゴミ。

IMG4.jpg

そりゃこれだけのゴミがつまれば、調子も悪くなりますね!!

キャブレター内にも浸入しており、燃料ホース全数、フィルター、ポンプ交換。

キャブレターは全数オーバーホールを実施することにより不具合は解消されました。

IMG5.jpg

船外機も得意としておりますので、船外機のトラブルは弊社まで宜しくお願い致します。
 
posted by mizunomarine_lifeboats at 10:35| Comment(0) | Lifeboats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

FIVE YEARS SERVICE AT PORT OF MITSUKOJIMA PORT


A safe service trip to the safe 5 yrs  lifeboat davit and winch at the Mitsukojima port . Eddy show the following !!1.JPG

It was nice weather with breeze cold  wind   at Kure  Ferry boat stn .We off loaded our gear including the water bags,  load them on the ferry boat which took 25 min to the small island port of Mitsukojima and board the ship.

3.JPG

By using Ships provisional crane all of our gears lifted  up safely  to the ship deck ready for the inspection.

2.JPG

This is a ship that waiting for Mizuno Marine to conduct the 5 years inspection including the 1.1 xswl load Test.

4.JPG

The Japanese Manufacture type of winch Davit Typ  BDW 6000  -Manabe Zoki was our scope for the service.
Thanks the Flag State  who approve Mizuno Marine to conduct the service ,and Class NK to witness the service and the test .

5.JPG   

Profetional inspection on  the gear box ,the oil and gear.  No problem was found .
 .
6.JPG

Profetionaly inspect the bearings and seals. Every seal retaining ring ,bearing was in good condition.

7.JPG

Carefully service and inspect the holding brakes and gorvernor brakes, the linning found stiil ok !!

8.JPG

Carefuly inspect the brake housing,then service it. The housing found with rust and carbon !!!

10.JPG

carefuly inspect and confirm the strenth for the bolts that hold the brake lining. The bolts found loose then tighten
.
11.JPG

After the completion of the service ,time to prepare the water bags which will be filled with water while  inside the lifeboats.

12.JPG

For the safety, a good arrangement for the bags inside the lifeboats ( weight distribution),give a pafect test and save the lifeboat to be dameged .

14.JPG

The lifeboat is ready for testing ,loaded with Ten full of 300KG  WATER BAGS . Here the lifeboat is too heavy .
 
15.JPG

16.JPG

Because most of the winches are not disigned to hoist up such weight ,The water in the water bags have to be pumped out before recover the lifeboat ,The portable  air driven  pump was also a part of working gear .

17.JPG

And that was a beautiful  final Test, the Dynamick brake test  was the first and the second the Engineers who came for the lifeboat from Nishi F  drop the boat after releasing the hooks Excelent finish
.
18.JPG

It is good to rimind the cotstumer and promote the service company by putting the sticker stating when the next service will be due . Also the Sicker  shows how many diferents of LSA  brand Mizuno Marine can provide a good service
 .
19.JPG

Time to go Home,Service Engineers,Class Nk  watching our working gear getting off loaded  from the ship .

The Five Year Inspection and Testing was conducted at Mitsukojima Port ,The Service Took only Two days , No Injuries ,no dameged .  Thank you, Eddy------Follow me
 
posted by mizunomarine_lifeboats at 13:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする